toggle-navlogo
toggle-nav

内容

その他のプログラム – 詳しい情報

その他のプログラム – 詳しい情報

これまでのページで様々なサステナビリティ・プログラムや規定を詳しく見てきましたが、あなたの会社のサプライチェーンにサステナブル・コットンを導入するにあたり、これらを直接比較できることがお役に立ったでしょうか。

サステナビリティに関する検討事項

以下の表はその他のプログラムや規定のキーポイントと数値データ、どんな持続可能性の課題に重点を置いているのか、などの詳細情報を提供していますので、あなたの会社の目標とブランドの価値観に最適なものを選択するのに役立ちます。

この表の情報は、テキスタイル・エクスチェンジ(Textile Exchange:TE)によって提供および検証されており、許可を得てコットン・アップ・ガイドに再掲載されています。生産データは2015/16のものであり、毎年更新されます。

完全なプロフィ—ルの情報については、ロゴをクリックしてください

目的

より持続可能性に配慮したアメリカの環境を生み出す

よりサステイナブルでトレースが可能な綿花を生産すること

概要

e3™はバイエル・クロップ・サイエンスの、より持続可能性に配慮した綿花の選択肢である。アパレルや家財道具に使用される最も品質の高い陸地綿生産のサステイナビリティを向上しようと奮闘する綿花生産者の下、アメリカで栽培されている。

REELコットンプログラムはサステイナブル農業慣行(SAP)を中核におく農家を対象にした3年モジュールのプログラムである。4つの主要な分野がある。
– 農業トレーニング
– 社会的流動性とエンゲージメント
– サプライチェーン検証
– ブランド評価

生産国 (記載がない限り2015/2016年度)

アメリカ

中国、インド、ペルー

繊維生産 2015/16年度 (メトリックトン)

578,000

12,155

Market Share of Total Cotton Grown (2015/16)

0.0274

0.06%

綿花の総栽培量のマーケットシェア (2015/2016年度)

410% 増加

76% 減少

生産の目標成長率

増加が予想される

増加が予想される

収穫量(付随の「TEポジション」の注を参照)

データなし

Claims 16% avg. yield increase among REEL farmers compared to control.
REEL農場で平均16%の収穫増加

天水/灌漑

混合

大部分が灌漑

水管理

灌漑水の使用の減少を目指す

水効率の推進。水の使用は平均で16%減少

水の消費(3 m3 / 繊維1000kg) もしくは水の保存を目的としたベストプラクティス

ライフサイクルアセスメントのデータなし

ライフサイクルアセスメントのデータなし

土壌肥沃度

土壌肥沃度についての特定のデータはなし。土地使用や土壌炭素といった様々な要因によって活動を評価。

輪作とたい肥化により土壌の健康と栄養管理を推進

生物多様性

生物多様性についての特定の基準はなし。保全などの様々な要因によって活動を評価。様々なパラメーターを基にパフォーマンスを向上させることがコンセプト。

生物多様性の保全を推進

富栄養化(リン酸eq / 繊維1000kg)

ライフサイクルアセスメントのデータなし

ライフサイクルアセスメントのデータなし

有害な農薬の使用

農薬の使用はe3の手法では評価されるパラメーターではない。しかし、総合的病害虫・雑草管理(IPM)では、精査しての適応が推奨されており、可変作業もまた促進されている。アメリカの生産者は農薬の使用についてアメリカの規制に基づいて行っている。

REEL農家は農薬管理や有害な化学物質の使用削減についてのトレーニングを受ける。トレーニングではニームスプレーなどのオーガニックの農薬についての知識を得る。REEL農家での化学農薬を平均で43%削減

合成肥料の使用

肥料の使用はe3手法によって評価されるパラメーターではない。

REEL農家は輪作、たい肥化、化学たい肥の使用削減についてのトレーニングを受ける。REEL農家の間での化学たい肥の使用は20%削減

遺伝子組み換えが許容されているか?

はい

はい

主要なエネルギー需要 メガジュール / 繊維1000kg

ライフサイクルアセスメントのデータなし

ライフサイクルアセスメントのデータなし

地球温暖化(CO2 eqのkg / 繊維1000kg

ライフサイクルアセスメントのデータなし

ライフサイクルアセスメントのデータなし

社会的配慮/規制

アメリカの綿花栽培者はみな、従業員の健康と安全に関する法律により高い水準を保っている。

児童労働の禁止、健康と安全の原則の適応、ジェンダーインクルージョンといった適切な労働環境のための人権原則を尊重する綿花生産についてのトレーニングを提供。女性のエンパワーメントに注力。

生活

持続可能性に配慮したプラクティスの改善に再投資するために、e3の農家は、綿一梱ごとに少額のインセンティブを支払う

REEL農家は収穫量と利益を向上するためのトレーニングを受ける。control farmersと比較して、平均41%の増加

検証/認証(農場レベル)

自己評価と第三者による監査

Flo-Cert(第三者)によって検証、開発

チェーン・オブ・カストディ (サプライチェーン)

紡績工場のチェーン・オブ・カストディ(より詳細の内容については、表示タグが使用される)

綿一梱ごとに保障- 必要に応じて調達ラインからサプライチェーンまで提供

ライフサイクルアセスメントは可能か?

いいえ

いいえ

製品マーケティング/ 表示ラベル

データなし

インストアおよび製品ラベルマーケティング

消費者の認識

データなし

主にB2Bだが、インストアマーケティング

費用影響

農家に対して少額の価格差別化が支払われ、独立したブランド、小売りとは交渉が行われる

ブランド/小売りがサービスの費用を支払う

質に対する認知/影響

質の影響については不明

質の影響については不明

リサイクルコットンのスタンダードと選択肢に関する詳細は、将来的にこのガイドに掲載される予定です。それまでの間は、テキスタイル・エクスチェンジのWebサイトをご参照ください。

WordPress Video Lightbox
Next:
Next: