toggle-navlogo
toggle-nav

内容

なぜサステナブル・コットンを調達すべきか?

土壌、水、社会への綿花栽培の影響を削減することで、アパレル産業の影響を大幅に削減し、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて役割を果たすことができます。

SDGsの達成

2015年9月の国連持続可能な開発サミットで、世界の指導者は17の持続可能な開発目標(SDGs) と169のターゲットを含む持続可能な開発のための2030アジェンダを採択しました。 これらは、今後15年間で人類と地球にとって非常に重要な分野に取り組む協働的な行動を促進するものです。

綿花の生産をより持続可能にすることで、これらの目標のうちのいくつかの達成に取り組むことができます。

最も関連があるのは以下の目標です:

目標6

安全な水と衛生

水不足の地域で基本的に必要な水の不足を避けるために、灌漑用の水の使用を削減する。 水の化学物質汚染を減らす。

目標8

包括的で持続可能な経済成長、雇用、すべての人々のためのディーセント・ワークを促進する。

経済成長と環境破壊を切り離すことに焦点を合わせ、搾取的な労働慣行(強制労働や児童労働を含む)を排除し、経済成長が働きがいのある人間らしい仕事を生み出すようにします。

目標12

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

生産者から最終消費者まで、サプライチェーン内の関係者による体系的なアプローチと協力を確立。 持続可能なライフスタイルの選択を促進するため、持続可能な調達と消費者の意識を向上させます。

その他の良い影響

持続可能な方法で生産されたコットンはその他にも多くの影響をもたらします。その内容は各基準によって異なりますが、以下のような良い影響があります:

環境:
  • 土壌の健全性の向上、侵食の抑制、および土壌圧密の軽減。
  • 生物多様性と生態系の保護
  • より効率的な灌漑技術による、水質改善と水の保全
  • 有害な農薬への依存を減らす
社会・経済:
  • 農家やコミュニティが気候変動の影響に備えるために役立つ慣行を浸透させ、彼らがそれに適応できるように助ける
  • 農業コミュニティの女性に男女平等を改善する機会を提供する
  • 現代奴隷法の重要な側面である、児童労働と強制労働の防止
  • 有害な化学物質に触れるリスクを軽減し、応急処置の改善と機械の安全な使用により、安全な農場での職場環境を作る
  • 公正な賃金と高収穫量による収入向上により、綿花農家とその労働者の貧困を削減
  • 価格の急変に対する農家の対応力を高め、繰り返し負債をしなくて済むようにする
  • コミュニティに投資して、長期的なリソースと回復力を高める

サステナブル・コットンの生産は、変化をもたらす大きな可能性を秘めています。 サステナブル・コットンを調達することで、企業のアパレル部門は一部の環境影響を劇的に削減し、何百万人もの農家やコミュニティにプラスの利益をもたらすことができます。

農家の生活を改善する様々なサステナビリティ・プログラムについて見るには、「コットンのサステナビリティ・スタンダードと規約」をご覧ください。

WordPress Video Lightbox
Previous:Next:
Next: