toggle-navlogo
toggle-nav

内容

なぜサステナブル・コットンを調達すべきか?

ここまでのセクションでは、サステナブル・コットンの調達の機会、課題、利点について説明しました。 次のセクションでは、サステナブル・コットンをサプライチェーンに統合するための次のステップに向けてのガイドです。その具体的な内容は、社内の同意の獲得、目標の設定、戦略の策定、サプライヤーとの話し合い、調達の開始についてです。

プロセスを始めるにあたり、最初に必要な人々を巻き込むことが重要です。 社内の人々に早い段階で関わってもらうということは、目標が設定された経緯と理由を彼らが理解し、彼らもこの意思決定に責任を持ってもらうということです。

したがって、最初のステップは 重要な社内ステークホルダーをマッピングすることです。 クリエイティブになって、自問してください:私たちのビジョンを実現し、関与し、支援するのは誰だろうか? 購買部、技術部、設計チーム、財務、マーケティング、品質管理の同僚かもしれません。

目標設定と戦略プロセスを進める際には、このステップに戻って、適切なステークホルダーがいることを確認してください。 誰が権限を持ち、誰がサポートを提供し、誰があなたの戦略に必要なリソースを所有しているかを考えてください。

社内のステークホルダーを取り込んだら、今度は社外に出ましょう。誰にサステナビリティのプロセスに関わってもらう必要があるかを考え、外部のステークホルダーのリクルートを始めます。

適切な目標を立てることで、会社がサステナブル・コットンの調達量を増やす際に、社内で連携を取ることができます。この目標は、努力が必要かつ達成可能なものでなくてはいけません。

以下にいくつかのショートカットを示します。 ケーススタディセクション では、他社がどのようなアプローチを取ったのかを説明しています。2025 サステナブル・コットン チャレンジ は目標設定のベストプラクティスの例です。2025年までに約40の企業が100%のサステナブル・コットンの調達に取り組んでおり、この目標は、持続可能な調達の取り組みを始めたばかりの企業にとっても、現実的かつ達成可能です。

また、適切な目標は、企業の持続可能性の目標だけでなく、それよりも広い文脈で共感を得る必要があります。たとえば、炭素や、水、廃棄物を削減し、バリューチェーンの人々の生活向上に関する目標はありますか?コットンの調達が変わることで全体的なサステナビリティの目標にどう貢献するかを実証できますか?

さらに、多くのサステナビリティ戦略が持続可能な開発目標(SDGs)と関連しています。同様に、コットンの調達でも、この関連付けをすることで、サステナブル・コットンの利点について伝えるのに役立ちます。

戦略を策定する際、サステナブル・コットンの調達へのポートフォリオのアプローチが会社にとって最適なアプローチであるかどうかを検討してください。これにより、それぞれのスタンダードの利点を活用でき、購買担当者があなたの会社の製品範囲に最適なスタンダードを選ぶことができます。

目標を設定したら、目標を達成するための戦略を策定する必要があります。 コットン戦略の策定のセクションでは、プロセスを始めるにあたっての重要な手順と調達方針の例を示します。

戦略を立てたら、選択したサステナビリティの選択肢をバリューチェーンに統合するために、購買担当者は、サプライヤーと話しをします。

購買担当者がこれを実施できるように、「サプライヤーと協力する」 のセクションをご覧ください。サプライヤーに対して具体的にどのような質問をすべきか、どのような場合、どのタイミングで延期するべきか、顧客に持続可能な供給を提供できる利点をサプライヤーにいかに理解してもらうかについて、基本的な知識を説明しています。

サプライヤーが参加したら、持続可能な供給の過程を製品に組み込むことが、戦略実行する最終段階です。

調達方法の選択肢を見つける

あなたの会社のサステナビリティ目標を達成するための適切なコットンを見つけることについて詳しく知りたい場合は、以下をクリックしてください。

WordPress Video Lightbox
Previous:Next:
Next: