toggle-navlogo
toggle-nav

内容

なぜサステナブル・コットンを調達すべきか?

このガイドの最初のセクションでは、サステナブル・コットンの事例を紹介します。 綿花生産を持続可能性の原則に従わずに行った場合に起こる問題を探ります。 次に、より持続可能な綿花生産の課題と大きな機会を説明します。 このセクションは、持続可能な調達への道のりを始めるためのガイドでしめくくります。

ほとんどの人が毎日のようにコットンに触れています。 数値は変動しますが、繊維業界で使用されるすべての繊維の中でコットンは約30%を占めています。 世界的には、約3,000万ヘクタールに綿花が栽培されており、総耕地の2%以上を占め、年間約2,500万トン(MT)の綿花を生産しています。

綿花は80か国以上で栽培されており、5,000万から1億人の農家を含む3億5,000万人以上の人々の生活を支えています。

コットンは多くの理由で愛されています。

なぜコットンは素晴らしい素材なのですか?

コットンは、デニムからレースまで、多くの生地に織り込むことができる多目的の繊維です。簡単に染色でき、ポリエステルなどの他のタイプの繊維とブレンドすることができます。

綿花は非常に広い地域で入手可能であるため、価格は手頃です。

綿繊維は丈夫で耐久性があります。濡れるとさらに強くなるのはコットンだけです。コットンの服は、何度も洗濯をしては、繰り返し着用することができます。

コットンは熱湯と高温に耐久性があるので、滅菌が容易で、病院の衣類や備品、消防士やその他の救急サービスの制服に最適な繊維です。

コットンの生地は柔らかくて刺激がありません。肌への刺激や摩擦がありません。コットンは、アレルギー反応を引き起こさない数少ない天然繊維の1つであり、赤ちゃんや敏感肌の人、または湿疹などの肌の問題を起こしやすい人に最適です。

コットン生地は皮膚呼吸ができます。体の水分を吸収するので、暑い気候では体をドライに保ち、涼しい気候では優れた断熱性を持ちます。

通気性があり、臭いがこもりません。

コットンは生分解性であり、再生可能な資源です(ただし、成長過程で再生不可能な資源を使用する場合がある)。

コットン繊維は再利用およびリサイクルすることができます。適切な技術があれば、綿織物を分解し、繊維を新しい糸に、あるいは紙にリサイクルすることもできます。

コットンは、繊維、燃料、食物(綿実油など)になる、小規模農家にとって重要な輪作用の作物です。そこから得られる現金収入は、生活水準の向上に不可欠です。

コットンは非常に多くのスタイルと用途に適した生地です。 コットンの無い生活は想像できません。 しかし、水不足、土壌の質の低下、農地の問題を抱えた世界の状況の変化と気候変動に直面して、将来、コットンの供給が確保できるとは限りません。

経済協力開発機構 (OECD) のガイドラインに従って、企業が適切なデューディリジェンスを行うことにより、複数のサプライチェーンにおけるこれらの問題を理解することができます。 また、適切な是正措置を取り、結果を報告するのに役立ちます。

このガイドは、今後もコットンのメリットを享受できるようにするため、ブランド、小売業者などが持続可能な方法でコットンを調達できるように支援する目的で作成されました。

コットンに関する重要な事実:

80か国以上ⅶの農家が約2,500万トンⅷのコットンを生産しており、コットンは世界で最も豊富に生産されている天然繊維となっています。

世界の繊維生産のほぼ30%を占めⅹ、8,000年以上の歴史があります。

227kgのベール1つのコットンから、ジーンズ215本、シングルベッドシーツ250枚、Tシャツ1,200枚、ボクサーパンツ2,100枚、おむつ3,000枚、靴下4,300足、または綿球(脱脂綿を球状にまるめ、消毒したもの)を680,000個を生産できます。

実綿の世界平均のウォーターフットプリントは、1トンあたり3,644立方メートルで、これはオリンピックの水泳プールの1.5杯分相当します。

世界的には、綿花の60%を灌漑畑地で、40%を天水畑地で栽培しています。

綿花の60%以上は、世界で最も貧しく弱い立場である発展途上国の小規模農家が生産しています。

ニッチから主流へ

過去30年間、多くの綿花生産のスタンダードとプログラム が開発され、コットンに関する課題の解決に進展をもたらしました。 より持続可能な方法で栽培されたコットンがこれまで以上に入手しやすくなり、2015-16年には260万トン以上に達しました。

しかし、市場が成長したにもかかわらず、持続可能な方法で栽培されたコットンはまだニッチな製品です。 2016/17年のサステナブル・コットンの総量は世界生産の15%と推定されていますが、実際にはそのうちの5分の1(21%)しか企業が購入していません。その結果、残りのコットンは従来の方法で生産されたコットンが販売されています。

サステナブル・コットンの生産が成長し続けるためには、ブランドや小売業者が、サステナブル・コットンが顧客に望まれているという強いメッセージを世界中の綿花農家に伝えて、牽引する要因を提供することが不可欠となっています。

サステナブル・コットンの重要性について、ブランド、小売業者など、業界内での認知度を高め、さまざまな基準に沿って調達しやすくすることで、サステナブル・コットンを一般的な選択肢にすることができます。

WordPress Video Lightbox
Previous:HomeNext:
Next: