toggle-navlogo
toggle-nav

内容

なぜサステナブル・コットンを調達すべきか?

綿花栽培の体制は、地域によって大きく異なります。 米国、オーストラリア、ブラジルなどの国では、綿花はより機械化された技術と体制を使用し、大規模で近代的な農場で栽培されています。 インドやマリなど、他の地域では、手作業での除草や綿摘みなど、小規模で多くの人手をかけて行われている場合が多くなっています。

持続可能な方法を用いない綿花生産は、どの地域で栽培されても重大な問題であり、ある地域では、社会的、環境的、経済的に大きな影響を与えます。

業界の進歩により、これらの影響は近年減少しており、この減少傾向は継続していく兆しが見えますが、重大な問題は未だ残っています。

持続可能な方法を用いない綿花栽培体制の最も一般的な課題は次のとおりです:

コットンはどこでどのように栽培されているかにもよりますが、管理が不十分な場合、水の過剰消費の一因となります。実綿の世界平均のウォーターフットプリントは1トンあたり3,644立方メートルであり、これはオリンピックプールの約5杯分に相当します。

水の使用量と汚染の度合いはさまざまな要因によって決まります。コットンが天水畑地か、どのような灌漑方式で栽培されているか、肥料や農薬の種類と量、そして、土壌の種類などが要因となります。世界的には、綿花の60%は灌漑畑地で、40%は天水畑地で栽培されています。

管理が不十分な場合、綿花の栽培では、大量の水を使用して汚染する可能性があります。灌漑農家は、地下水および地表水を使用しますが、この管理が不十分、または規制されていない場合、特に水が不足する地域で淡水資源を枯渇させます。

綿花栽培では、多くの作物と同様に、肥料の使用は富栄養化(水の中の窒素の濃縮)を引き起こす可能性があり、それが人々、動物、水生生物の飲み水に影響を与えます。

持続可能な方法を用いない綿花栽培は、農薬と石油ベースの肥料を大量に使用する場合があります。近年、農薬と肥料の使用は減少していますが、現在、綿花は世界の耕地の5%を占め、農薬や肥料などの化学物質の使用量は全体の10%を占めています。 2009年、綿花生産者は世界全体の農薬売上の6.2%と殺虫剤売上の14.1%を占めました。

不適切に使用された農薬と肥料は、水源の深刻な汚染を引き起こし、土壌の豊かさを低下させる可能性があります。また、人の健康と生物多様性に著しく有害な影響を及ぼす可能性があります。

肥料の製造と使用は、温室効果ガスを排出します。

綿花の60%以上は、世界で最も貧しく弱い立場である発展途上国の小規模農家が生産しています。このうちの90%、推定1億人の小規模農家が発展途上国に住んでおり、2ヘクタール未満の畑で栽培しています。xxi

多くの小規模綿花農家は貧困ライン以下で生活しており、食料、医療、日用品などの基本的なニーズを満たすために必要な収入が綿花の売り上げよりも下回っています。

小規模農家はしばしば、高い原料コスト(農薬や肥料など)が原因で、多額の借金に苦しんでいます。このことは、その他の市場要因とともに、多くの人々が常態化した貧困にある原因となっています。

サステナブル・コットンは、安定した収入と労働条件の改善を提供することにより、何百万人もの人々を貧困から救う可能性があります。コットンは、繊維、燃料、食物(綿実油など)になる、小規模農家にとって重要な輪作用の作物です。そこから得られる現金収入は、生活水準の向上に不可欠です。

2016年に米国労働省は、18か国で綿花生産プロセスに児童労働または強制労働が存在すると報告しました。綿花生産量が上位6カ国の中にもそのような国が含まれていました(中国、インド、パキスタン、ブラジル)。2018年、米国は、国家が実施する奴隷労働の発覚により、トルクメニスタンからのコットンの輸入を禁止しました。

嬉しいことに、ウズベキスタンをはじめとする一部の地域では、労働者権利の改善が最近進んでいますが、さらなる進展が必要です。

他の作物と同様に、綿花栽培は焼畑農業、土壌侵食と土壌汚染、および土壌の生物多様性の損失につながる可能性があります。管理が不十分な土壌は、土壌が痩せ生産性の低下につながります。

サステナブル・コットンの生産は、より持続可能な栽培方法を通じて温室効果ガスの排出削減や、土壌の健康を改善できます。

2030年までに世界人口が90億人に達し、食料、水、エネルギーの需要の増加は、コットンを含む多くの作物の採算性の課題になります。需要は食料が40%、水が35%、エネルギーが50%以上それぞれ増加し、ほとんどの綿花は繊維用に栽培されていますが、食料と燃料用の綿花として土地利用の転換への圧力が高まるでしょう。

収穫量と生産性の改善が一因となって、綿花の耕作面積は減少しています。世界のコットンの平均収量は、1950年代のヘクタールあたり230kgのリントから、2013/14年にはヘクタールあたり780kgのリントになりましたxxviii。より良い栽培方法により、土地利用効率がさらに改善する可能性があります。

それでも、綿花栽培地域では頻繁な洪水、干ばつ、猛暑と嵐のため、綿花の量と品質は気候変動の影響によりますます影響を受けています。これは、コットンを含む農産品のサプライチェーン全体への問題となっています。

綿花の価格は、国の規制、備蓄、農家に対する政府の補助金などのさまざまな要因により、変動することがあります。これは、他の要因と相まって、農家にとって不確実な市場を作り出し、綿花栽培を作物として魅力のないものにしています。

綿花の金融化は、あまり知られていない問題ですが、綿花市場の安定性に大きな影響を与えています。 綿花市場は、以前はリスク管理のために用いられていましたが、現在、通常の株式市場や投資による収益が低い時期の収益源として綿花市場が利用されていますxxix。その結果、物理的な需給とは全く関係なく価格が大幅に変動し、農家が一定の時期に得られる綿花の価格が不安定になる場合があります。

綿花生産の課題の詳細情報:

最近はコットンに関する問題の緊急性が発表され、アクションを起こすことへの機運が高まっています。次のサイトで詳細情報を見ることができます。

年次サステナブル・コットンランキング報告書, 2025サステナブル・コットン・チャレンジ そして、議論となっている ザ・トゥルー・コスト などです。

WordPress Video Lightbox
Previous:Next:
Next: