toggle-navlogo
toggle-nav

内容

調達方法の選択肢

調達戦略の策定には複数の段階があり、多くの企業はこのプロセスに外部アドバイザーを採用しています。 以下は、開始手順の概要です。

コットン調達戦略の策定に関わってもらう必要がある人々と部門について考えてください。これには、デザイナー、技術者、購買担当者、会社経営層、CSR /サステナビリティ担当者などが含まれます。 戦略を支援し、実施するのを手伝ってくれる人を見つけ、早期に関わってもらい、社内の理解を得ます。

戦略は組織全体が支援していることが重要ですが、経営陣から明確な委任があれば、戦略の策定と展開の両方が容易になります。 このガイドの情報の多くは、会社経営層を意識して作成されています。 コットンの課題に関するページでは、持続可能な調達を通じて取り組むことができるアパレル業界の問題について説明しています。ビジネスケースのセクションでは、サステナブル・コットンの調達がビジネスの成功をどのようにサポートできるかを示しています。

既存のサステナビリティ目標とターゲットを確認することを忘れないでください。策定する調達方針はこれらをサポートし強化できるため、連携することが重要です。たとえば、会社のサステナビリティ戦略の重要な柱が小規模農家の支援である場合、小規模農家向けの強力な社会的成果を備えたサステナブル・コットンの調達を開始することができます。会社の事業がある国内または地域内で調達することが戦略の一部である場合は、その特定の国または地域から調達および認証されたコットンを提供できるプログラムを検討する必要があります。

社内のステークホルダーおよび重要な情報を収集したら、戦略構築するプロセスを策定します。これには、主なステークホルダーとのワークショップ、意見収集のための社内インタビュー、サプライヤーとの話し合いが含まれます。望ましい調達戦略の結果を定義する際、サプライヤーと話し合い、必要なアクションを実行できるかどうかを確認する必要があります.

戦略の重要な目的の1つは、会社に明確な戦略的方向性を持たせることです。企業が2025年までに100%サステナブル・コットンの調達を約束するという動きが急速に高まっていることに注目してください。この目標にサインアップした40社以上の企業について詳しく知ることができます.

これまでは、一般的に企業はすべてのサステナブル・コットンを単独のスタンダードまたはプログラムから調達することを約束していました。しかし現在は、ポートフォリオ・アプローチが推奨される方法です。導入までには少し時間と費用がかかりますが、このアプローチは目標をより早く達成することができます。たとえば、このアプローチを使用すると、無農薬コットンはベビー用品、子供用遺品、寝具に最適なものとして指定できますが、デニムや室内装飾品の製造ラインには他のサステナブル・コットンがより適切かもしれません。このように、柔軟な戦略により、購買担当者は製品の要件と消費者の需要に応じてさまざまな種類のサステナブル・コットンを調達できます。

会社が目指す透明性のレベルを理解し、それを提供できるトレーサビリティモデルを取り入れることが重要です。たとえば、すべての繊維の供給源を公表したい組織もあれば、そのレベルの詳細を必要としない組織もあります。当ガイドのトレーサビリティのセク ションでは、さまざまなモデルについて説明し、ニーズに合ったプログラムを理解してください。

会社の戦略と目標の草案を作成したら、検討している基準、規定、プログラムに連絡を取ってください。「調達方法の選択肢」のページには、連絡方法など、各スタンダードの情報があります。これらとの対話に基づいて、戦略を修正し、アプローチを微調整することもできます。

この計画を実行に移す時が来ました。組織全体で、特に、既に特定した主なステークホルダーと戦略を共有することが重要です。コットン調達の責任者と協力して、必要なものがすべて含まれていることを確認します。最後に、社内システムに方針を組み込みます。

戦略が整ったら、このガイドの「サプライヤーと協力する」のセクションから、社内の調達担当者にどのように進めていってもらうかについて、具体的な情報を確認してください。「壁を乗り越える」セクションには、このような戦略策定と導入で起こり得る課題に対処するための役立つ情報があります。

ダウンロード可能な資料:

サステナブル・コットン調達方針のアウトラインの例

調達方法

あなたの会社のサプライヤーと協力して、サブライチェーンにサステナブル・コットンを取り入れる方法についてここからご覧ください。

WordPress Video Lightbox
Previous:Next:
Next: